CGSS0001

鬼っ子ロリババァ2

  男「帰ったぞ」
炉婆「おーう。先に一杯やっとるぞー」
  男「どう見ても一杯どころじゃないがな」
炉婆「うむー。お主が帰るころに合わせて飲み始めたはずじゃが、不思議じゃのう?」
  男「残業だったんだよ。というか布団片付けとけっていったよな? ぐちゃぐちゃのままじゃないか」
炉婆「ちゃんとなおしたぞー。昼寝の時にまた引っ張り出しただけでな」
  男「なんで俺の枕まで転がってるんだ」
炉婆「一人で布団にくるまっておると、胸元が寂しくてのう?」
  男「……、たしかに寂しい胸だな」
炉婆「その返しはあまりうまくないぞ? くふふ、まあよいわ」
  男「なんだよ。おい、そこのハンガー取ってくれ」
炉婆「ああまてまて。一息つく前にな、チー鱈が切れたから買うてきてほしいのじゃが」
  男「自分で行け」
炉婆「おー? このTシャツいっちょの姿でコンビニまで行けとな。わしに生き恥を晒せと言うかー。なんという鬼畜生かー。」
  男「着ろよ」

  • 最終更新:2012-01-28 06:18:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード